さいたま市南区 歯科 歯医者 | 睡眠時無呼吸症候群

埼玉県さいたま市南区鹿手袋 3-24-12

JR埼京線「中浦和駅」より徒歩8分

「武蔵浦和駅」より徒歩14分

サイトマップ | 文字サイズ

  • 小
  • 大

HOME > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

そのいびき、大丈夫ですか

いびきは単にパートナーの睡眠を妨害するだけでなく、睡眠中に呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群(SAS)や、重篤な合併症を引き起こす危険性が潜んでいます。

当院では、いびきでお悩みの患者さんへ、快適で使いやすい、いびき専用のマウスピース型治療装置をご提案しています。

ご自身やパートナーが、下記「睡眠時無呼吸症候群の主な症状」に当てはまる方は、一度ご相談にいらしてください。

いびき
  • 睡眠時無呼吸症候群の主な症状
  • 大きないびき
  • 日中の極度な眠気
  • 睡眠中の多動
  • 夜間の多尿
  • 起床時の頭痛や頭重感
  • 性格の変化
  • 夜間の窒息感や息切れ
  • 性機能低下 など

睡眠不足や合併症のリスクも

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に舌や上あごの奥の粘膜がゆるみ、一時的に気道が閉塞されることで、呼吸が停止してしまう病気です。

息苦しさから目を覚ますので窒息することはありませんが、一晩に何度も繰り返すことで睡眠の質が落ちてしまいます。

睡眠不足で昼間の強い眠気に悩まされるだけでなく、脳梗塞、心筋梗塞、不整脈、高血圧、糖尿病など、様々な合併症を誘発することが分かっています。

いびきと無呼吸の関係

いびきは、筋弛緩によりゆるんだ舌やのどの奥の粘膜が、呼吸によって振動することで生じます。上気道の空気の通り道も狭くなっているため、一時的に呼吸が停止する可能性があります。

喉の内側に付いた脂肪(肥満等による)や扁桃の肥大、日本人特有の顔の骨格なども、空気の通り道を狭くする原因となります。

  • 正常な人の睡眠時における気道状態(イメージ)
    正常な人の睡眠時における気道状態では、気道が呼吸を妨げることなく広がっているため、自然な呼吸が可能です。
  • いびき発生時における気道状態(イメージ)
    いびき発生時の気道状態です。ゆるんだ舌やのどの奥の粘膜が、呼吸によって振動することで「いびき」となります。

マウスピース(スプリント)でいびきを改善

いびき治療専用マウスピース(スプリント)

当院の治療には、いびき治療専用マウスピース(スプリント)を使用します。

いびき治療専用マウスピース(スプリント)
上下が分離したスプリント

マウスピース(スプリント)を装着することで、下あごを前に出した状態を楽に維持できるようになります。
就寝中も気道が開くため、空気がよく通るようになります。

マウスピース(スプリント)による治療は、他の治療法に比べて心身への負担が少なく、いびきや無呼吸を無理なく改善できます。

コンパクトで快適な装置

当院で使用しているいびき治療専用マウスピース(スプリント)は、患者さんお一人おひとりの歯列に合わせてカスタムメイドされた装置ですので、お口にぴったり合ったものをご利用いただけます。
そのほかにも下記のような特徴があります。

上下が分離しているから快適

上下が分離したスプリント

これまでのいびき治療用の装置は上下一体となっていたため、唾液を飲み込めない等のデメリットがありました。

当院が使用するマウスピース(スプリント)は、上下が完全に分離しています。装着中に口を開いたり、会話をしたり、水を飲むこと、咳やあくびも自由にできます。上下一体の装置と比べ、装着時の拘束感を軽減できます。

内側にはストレスを吸収する柔らかい樹脂を使用しているので、着脱も容易に行えます。

コンパクト設計

装置は手のひらに乗るほどコンパクトで軽量です。
ご家庭だけでなく、出張や旅行にも手軽に持ち運びができます。

上あごが総入れ歯でも使えます

上あごが総入れ歯の患者さんには、上顎無歯顎用のマウスピ―ス(スプリント)をご用意しています。

品質管理と品質保証

マウスピース(スプリント)は、患者さんおひとりお一人に合わせてお作りし、個別のシリアルナンバーで品質を管理しています。

使用されている材料はすべて国内で許可された医療機器により製造されています。装置は製造メーカーの保証規定により、装着後30カ月保証(※)されています。

※紛失や誤った取り扱いによる破損や変形は含まれません。

歯ぎしりも改善できます

歯科用CT

歯ぎしりはいびき同様ご自身ではなかなか気づきにくい問題です。歯ぎしりを放置しておくと、歯を痛めたり、顎の痛みや頭痛を引き起こす可能性があります。マウスピース(スプリント)治療は歯ぎしり予防にもなります。歯の摩耗や頭痛などでお困りの方はお気軽にご相談ください。

大切なパートナーと笑顔で過ごすために

パートナーのいびきを「ただのいびき」と済ますのではなく、スプリント治療でいびきを改善し、睡眠不足の解消・合併症の予防に向けて取り組みましょう。

大切なパートナーと笑顔で過ごすために

いびきを止めることによって、お相手も自分自身も快適な眠りにつけるようになります。

大切なパートナーと笑顔で過ごすためにも、いびきが気になる方は一度ご相談にいらしてください。

TOPへ戻る